FC2ブログ
修道院
<4日目>7月11日(月)

さて、おなかもいっぱいになったところで
修道院に行きました。

モンサンミシェルの修道院は夏の間だけ夜間拝観をしていて
23時30分まで中に入れます。
昼は入場にも長蛇の列があるそうですが
夜(と言っても明るい)はゆっくり見ることができました。

本当にまだ明るいですがもう20時過ぎてます
修道院1

哨兵の門の階段を上がったところの暖炉。
修道院2
もうすでに雰囲気が中世…

入場口にお客さんが居て
説明のオーディオ機材をレンタルしていました。
私達はオーディオ説明は要らないと思ったのでそのまま中へ~

で、どこで入場料払うのかな?
と歩いていたら修道院の方が
扉を開けて通してくれました。

どうやらお金払わず、もぐりこんだモヨウ…

迎賓の間。
扉から入ったらここでした
修道院3
修道院長が身分の高い人を迎えた場所だそうです。


室内ではフルートの演奏が~♪
高い天井に響いて素敵でした。
修道院4

突然、鬼?が動き出しました
修道院5
どうやらセンサーで画像が映し出されているみたい。
薄暗い修道院。
人もあんまり居ないので
「お化け屋敷」風の演出で最初は怖かった~

OHP(なつかし~)を使ってモンサンの歴史を
映写している所もありました。
修道院6
修道院15
暗い中でおじさんが一人で静かに操作していました。

聖エティエンヌ礼拝堂は死者のためのチャペルでした。
修道院7
祭壇の下にAZと刻まれていて
永遠をあらわしているそうです。

こちらでもチェロの演奏♪
修道院8
素敵な空間でした!

19世紀に作られた荷物を引き上げるためのレール。
修道院10
大きな車輪の中に囚人が6人入って荷車を
上下させて1日2トンまで搬入できたそうです。

西のテラス
修道院18
海抜80mの高さで眺めは最高!
修道院19
床の石畳には教会を作った
職人さんのサインが彫られています。
修道院

修道院付属の教会
修道院11
11世紀に完成した教会は、何度か崩壊し手直しをされた。
本堂北側は12世紀のロマネスク様式、
内陣と後陣は15~16世紀のゴシック後期のフランボワイヤン様式。
身廊の比率はノアの方舟と同じとされ
この修道院がアラフト山に漂着した方舟に例えられるという説もある。
         ~るるぶより~

教会の中の幾何学模様の淡い色合いのステンドグラス。
修道院13
色鮮やかなバラ窓も素敵ですが淡い色合いもきれいです。

修道院から見た礼拝堂かな?
修道院12

教会の外にある「僧の憩いと瞑想の場」
修道院16
円柱をわずかにずらすことで変化のある
視覚効果が生まれ周囲を歩くと
柱が無限に続くような錯覚に陥るそうです。
・・・・・そんなことはなかったような。。。

最後はやっぱりおみやげ物屋さんでした。
ジャンヌダルク2
いろんなフィギュア…マニアにはたまらない?

出口です!
修道院17
ここで21:50まだまだ明るいです!

さて、夜のモンサンミシェルを見るために
駐車場に向かいます。

途中にきれいな教会がありました。
洞窟内に造られた、サンピエール教会。
ジャンヌダルク1
ジャンヌダルク3
100年戦争のときにミカエルのお告げを聞いて
フランスを勝利に導いた
「ジャンヌダルク」の像が飾られていました。






スポンサーサイト



[2011/08/25 12:28 ] | フランス2011 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<夜モンサン♪ | ホーム | 通勤ラン 再開?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kaorin9999.blog87.fc2.com/tb.php/287-6e766fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |