靖国神社に行ってきた
東京に行った目的はBOOMのライブだったんだけど

せっかく東京に行ったんだから
観光もしなくちゃ(笑)

その一つが皇居RUN♪

お買いものとかは大阪でもできるので…
どこに行こうか考えていたものの
スカイツリーは1人じゃさみしいし
浅草やお台場は行ったことがある。

なので今回は「靖国神社」

成田からのバスで一緒になった女性から
強烈に勧められたのもあって
行ってみようと思いました。

ホテルでiPadみながら場所を調べたら
なんと皇居の近くだということが分かって(笑)
皇居RUNの時に行ったらよかったと後悔しかけたけど
ランニングウェアでは何となく入りにくい雰囲気でした。

今回はiPadでwikipediaを参考に観光しました。

東京メトロ「九段下」からは案内があるので迷わない♪

靖国神社は坂の上にある・・・
297_convert_20140531202823.jpg

<大鳥居>
298_convert_20140531202843.jpg
一鳥居は1921年(大正10年)に「日本一の大鳥居」として建てられ、石松秋二作詞の「九段の母」(1939年(昭和14年))に「空をつくよな大鳥居」と歌われもしたが、風雨による損傷の為に1943年(昭和18年)に撤去され、その後、1974年(昭和49年)に鋼管製で再建された。柱の高さが約25メートル、笠木(上の横木)の長さは約34メートルあり、重量は100トン。 ~wikipediaより~
下から見たらものすごい大きかったんだけど
写真では分かりにくいですよね~

<大燈籠 >
299_convert_20140531202917.jpg
日本一の大きさの燈籠。1935年(昭和10年)に富國徴兵保険(現富国生命)が奉納した。九段下駅側から右側の燈籠には日清戦争から満州事変までの旧海軍の戦闘場面が描かれ、左側の燈籠には同じく日清戦争から満洲事変までの旧陸軍の戦闘場面が描かれている。終戦後、GHQによって撤去させられそうになったが免れた。 ~wikipediaより~
300_convert_20140531202935.jpg
立体的で細かい彫刻?すごかったです。

<神門>
305_convert_20140531210642.jpg
三間三戸の切妻造銅板葺で高さ6メートル、檜造り。伊東忠太の設計により1934年(昭和9年)に完成した。中央間の扉には直径1.5メートルの16弁の菊花紋章が付けられる。 ~wikipediaより~

第二鳥居までの参道
301_convert_20140531202958.jpg
バスでであった女性は「ここからすごいパワーを感じる」と
おっしゃっていたのですがかおりんには・・・???

<拝殿>
303_convert_20140531203019.jpg
1901(明治34)年創建。普段、参拝できるのはここまでで、残念ながらその奥にある本殿は、拝殿から拝むしかない。なお、本殿は1872(明治5)年創建ということで、境内に現存する建物の中では最古の部類に入る。

<さざれ石>
Yasukuni-Sazareishi.jpg
大鳥居のすぐ右の脇に「さざれ石」がある。表示板も何も無いのでついうっかり見落としてしまいそうだが、裏に回ると、石に「さざれ石」と彫りつけてある。さざれ石は国家「君が代」の中で「さざれ石の巌となりて」と詠まれているもの。石灰岩が雨で溶けて、コンクリート状に固まったものだそうである。
 「君が代」の中でのさざれ石とは、小石の意味で、それが巌(岩)になる程の永い年月という比喩的な表現で使用されているものなのだが、実際こうして存在しているのである。

このHPを見て「さざれ石」を探してみたのですが
本当に表示が無くて(笑)「これかな?」と
写真を撮って帰ってきました。
308_convert_20140531210714.jpg
まさか裏に書いてあったとは~
多分違う石だな

神社の境内にはたくさんの参拝者がいて
みなさん、鳥居や門をくぐる時には
最敬礼をされていました。
いろんな思い入れがあるんだな~と感じました。

次回はもう少し勉強してから参拝に行こうと思います。
スポンサーサイト
[2014/05/30 23:34 ] | 東京旅行2014年5月 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<覆面デビュー | ホーム | タニタ食堂に行ってみた♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kaorin9999.blog87.fc2.com/tb.php/1653-6e33e310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |