FC2ブログ
30代最後のトレーニング
今日は私の30代最後の日
明日起きたら40才になっています

30代最後に何しようかな~土曜日やし、のぶりんとどっか行きたいな~
なんて思っていたら
先週鈍足親父様が高野山トレイルに行かれたとかで、

「そうだ!高野山に行ってみよう」と思いつきました。
(2人やし、ゆっくりやし、誕生日前なら連れて行ってくれるハズ…

と言うわけで高野山に到着

スタートは南海九度山駅。
20110813180640.jpg
本日もいい天気にございます

まずは食いしんぼう夫婦の事。
補給食を買いに行きます。
20110813180639.jpg20110813180638.jpg
九度山駅から歩いて5分くらいかな?
「九和楽」という柿の葉すしのお店。
お盆なので金曜日に開いてるか確認して予約しておきました。
12個で1365円なり~!

これから走るとお店の方と話していると
「柿の葉すしが痛むといけないので…」
と冷凍してあったみかんを保冷剤代わりに
くれました。
やさしいですね~

さて、ここから町石道に入っていきます。

高野山への道標(道しるべ)として、1町(約109メートル)ごとに「町石(ちょういし)」と呼ばれる高さ約3メートル強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられ、高野山上の壇上伽藍・根本大塔を起点として慈尊院までの約22キロメートルの道中に180基、大塔から高野山奥の院・弘法大師御廟まで約4キロメートルの道中に36基の、合計216基の町石が置かれている。慈尊院から数えて36町(1里)ごとには、町石の近くに「里石(りいし)」が合計4基置かれている。
町石は、弘法大師が開山した平安時代の頃は木製の卒塔婆だったと言われており、風雨にさらされるなどして老朽化したため、鎌倉時代の文永2年(1265年)頃に遍照光院の覚きょう上人が石造の町卒塔婆建立を発願し、20年の歳月をかけて弘安8年(1285年)に完成した。現在でもその8割以上にあたる150本の石柱が建立当時のまま残り、今なお昔日の面影を伝えている。
かつては高野巡礼の人々が町石のひとつひとつに手を合わせて礼拝しながら登ったと言われているが、現在では道も整備され気軽に歩けるハイキングコースともなっている。~Wikipediaより~

20110813180635.jpg
比較的なだらかな、とても整備された
自然の道を登ったり下ったりしていきます。
景色も最高です。

途中の二つ鳥居のそばのベンチで先ほどの柿の葉すしを
頂きました。
柿の葉
おなかがすいていたので格別においしい
デザートはもちろん冷凍みかん。
程よくとけたみかんが体を冷やしてくれました。

さてまだまだ先は長いです~
20110813180637.jpg
結構走れます

途中、紀見峠の自宅から歩いてきたと言う
ノルディックウォークの男性や
坂道を激走して下っている男女3人組と
出会いましたが、ほとんど人に会わず
せみと蜂のぶ~んと言う羽音の中を
歩いたり、走ったり、歩いたり、歩いたり…(笑)

3分の2ほど走ったところにある峠の茶屋。
20110813180212.jpg
こちらは「やきもち」がおいしいとか…ソレハタベナケレバ…
20110813180211.jpg
1個105円。ヨモギと白と2つ買って半分こ。
ここで、ハイドレのお水を補給させてもらいました。
山の湧き水を利用されているそうです。

また、冷たい番茶をサービスでおいてくれていたので
「これでもか~」と言うくらい飲みました。
水分補給ばっちり

さて、ここから急な登りが続きます。
小川が流れているので橋が架かっています。
またそれが、おんなじ様な橋ばっかりなので
「おんなじところをくるくる走らされてる気がする」
狸か狐に化かされてるのかもしれないね~
なんていいながらもやっと…
20110813180210.jpg
山門に到着~


やった~!・・・はあ、おなかすいた~♪との事で

山門の近くにある有名釜飯や「つくも」へ(笑)
2時前なのに、まだお店はほぼ満席。
20110813180209.jpg
10分くらいでできると言う「山菜釜飯」を注文。
20110813180207.jpg
しっかり味のついた釜飯を2人で分けていただきました。
(他の釜飯は時間がかかると言われたので~)
味噌汁の塩分が体にしみました~(笑)

その後高野山の門前町?をぶらぶら・・・

胡麻豆腐の有名店。
20110813175614.jpg
保冷剤と保冷袋がないと売ってくれないそうです。
私達はお店でいただきました。
20110813175612.jpg
わさびしょうゆバージョンと和三盆キナコバージョン。
各300円なり~
う~ん、滑らかでプルプルなんだけど
あんまり胡麻の味はしなかったなぁ。
私達には釜飯屋の胡麻豆腐のほうがおいしく感じられました

ここは高野山で一番にぎわっていると言う
お菓子屋さん。
20110813175611.jpg
お饅頭とか1個105円で食べ歩きできます。
行列できていました。
私達はクルミもちとくずもちをチョイス。
甘すぎず、おいしかったよ~~

ここは警察署
なかなか素敵な建物でした。
20110813175608.jpg


さて、ここから普通はバス→ケーブルで極楽橋まで
行って南海で帰るのですが
「鈍足親父さま」が走って極楽橋まで激坂を下った!
と書いておられたので私達も行ってみることに。

でも極楽橋まで行く坂が見つからず
危うく「女人堂」の裏の「女人道」に行ってしまうとことでした。

女人堂の売店の方に聞いて
20110813174017.jpg
女人堂から70mくらい坂を落ちたところから右へ
下る「不動坂」と言うのがあるのでそこを下りるように
教えていただきました。
20110813174014.jpg
↓小さいけどこんな標識も出てまして、安心!!
20110813174015.jpg
途中ケーブルが登っていくのが見えました。
20110813174013.jpg
極楽橋到着で~す。
20110813174011.jpg
あ~疲れた

でもなんで30代最後の日にしたいこと
1位がトレランだったんでしょう(笑)

距離
32.55Km(累計125.62Km)
ペース
10:52
時間
出発8:50
到着16:06
トータル7時間16分
気温
不明。でも山は暑いけど日差しもきついけど
爽やかで気持ちよかったです。
体調
明日、筋肉痛になるでしょうか?
今のところ疲れてしんどいけど
痛いところはないのです。

スポンサーサイト



[2011/08/13 22:56 ] | 町石道トレイル | コメント(7) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |