FC2ブログ
古宇利島
梅雨入りしたそうで~
雨やね~ん。
昨日から~ずっと降ってんねん

なので!
今日は沖縄の思い出パートⅡいってみよう!

今回は「古宇利島」
昨年10月に行ったときの晴天の古宇利島を
堪能してください。

古宇利島は沖縄本島の北部
今帰仁村にある半径1Km周囲8Kmの小さな島です。
平成17年に古宇利大橋が完成して
車で行けるようになりました。
また昨年12月18日にはワルミ大橋が完成して
更に便利になったようです(私たちはまだいけていません。)

古宇利島側の橋のタモトに車をとめて
橋を往復しました(もちろん走って…


本当は一周したかったのですが
車道が狭く急な曲がり角も多いため断念。
写真を撮ってる間にのぶりんにどんどん離されて…
向こうに、ちっちゃいのぶりん写っています。

右を見ても…


左を見ても…


マリンブルーの美しい海

坂道ハンターかおりんはそのまま坂道を登り 


運天原までの片道3.9Kmを走ります。

坂の上から古宇利島大橋と海を見るのが大好き



屋我地島側のロードパークから見た古宇利島。
手前のシーサーの形の島は名前がどうしても分かりません。


橋のタモトのビーチ。
駐車場で水着に着替えて海でクールダウン。
浅瀬に座って(深いところは怖いので…
ボーっとしていました。
水温も高くて気持ちよかったぁ~



さて…
おなかもすいてきたのでランチ。
古宇利島はウニで有名な島。
目指すはうに丼!!!
でもシーズンは夏。
行ったのは10月
店もあんまり開いてなくて食べログでもいいお店
見つからなくて…ウロウロ

で、見つけたのが…
島の西側にある新しいカフェ。
「T&Cとうらく」
とりあえずうに丼があるのか聞いてみたところ
「古宇利島産はもう水揚げ終わっているので
ないけど今帰仁産のがある」とのこと。
お店の雰囲気もいいし、ココに決めました。


お店のバルコニーから屋我地島が見えます。
とってもきれい
最初はこちらでお食事いただこうと
思ったのですが暑くて~


そしてこちらが待望のうに丼

寒い地方のウニとは違うあっさりした
おいしいウニです。
食べているえさが違うから…らしいです。

ウニ丼を堪能していると他お客さんが
日替わりランチを注文されていて
沖縄料理てんこ盛りの素敵なランチだったので
また行こうと思っています
スポンサーサイト



[2011/05/28 21:47 ] | 沖縄旅行2010年10月 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top
ター滝
沖縄に行きたい~
昨年12月にNAHAマラソンのために行ったきりなのです

なので沖縄を思い出しつつ去年10月に行ったときの
旅行記を書こうと思います(笑)

2010年10月8日出発沖縄本島9日間
目的は那覇大綱引きとター滝

大綱引きは写真があまりよくなかったので
ター滝の旅行記にします。

10月12日(火)
晴れ
ター滝は沖縄本島の北部、山原(やんばる)の
シークヮサー(ヒラミレモン)の産地で有名な
大宜味村にあります。
那覇からはだいぶ遠いです。
高速使っても片道2~3時間かかるそうです
私たちの泊まってるホテル(うるま市)
からも結構遠かったです。

もちろん走って




は行きませんでした!


国道58号を北上し大宜味村の平南橋の
手前を右折するとこんなに小さな手書きの看板が・・・
07072320024.jpg

入り口はこんな感じの浅瀬です。
IMG_3850.jpg
車を止めて水着になり車のキーと
携帯をもって出発です。
左手がわにどんどん進みます。

気分はもう

川口探検隊 古っ

リュウキュウハグロトンボ 沖縄固有種ですね?たぶん・・・

ほとんどは浅瀬をジャブジャブ
歩いていくのですが・・・



時々深いところもあります。



約40分くらいだったかな?
滝に到着です。


結構立派な滝でした。

せっかくなので滝に打たれてみました。
滝つぼはやはり深く泳げない私はかなり怖かったです。


ブルーのラッシュガード着た私見えますか?
滝の大きさ分かるでしょ

この後滝から出てきてすぐに滑って転んで
おしりと頭打ちました。
おしりには大きなアザと
頭にはたんこぶ
40歳を前にしてたんこぶ作るとは・・・

念願のター滝を制覇して大満足の1日でした

オキナワイキタイ

次回は古宇利島です
いつかに続きます・・・オタノシミニ
[2011/05/23 23:52 ] | 沖縄旅行2010年10月 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |